自然と自分と寄りそったくらしを。ていねいに。


by miyamiyak
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅( 7 )

ただものでない森

養生園には、こんな素敵なカフェがあります。
(訪ねた日はお休み。残念。)
d0159198_1934573.jpg


絵本に出てきそう。
木のおばけ、とか、住んでいそう。


d0159198_1941754.jpg

そばには、アースバックという方法で作られた
小さなうちが3軒。

もし、“3匹の子ぶた”が仲良く家を建てていたら、こんなのかね。
屋根にたくさん緑が生えてて、かわいい。


さらさらに、こんな家?まで。
こちらもアースバック。
d0159198_1945523.jpg


d0159198_1992447.jpg


栗の実がたくさん落ちていて
例の“桃太郎”とは、ここで出会いました。

足下には、ちっちゃいきのこが並んでて。
d0159198_196797.jpg



さらに山をかきわけかきわけ行くと、
清流が。
d0159198_1962237.jpg

夏、泳いだら気持ちよいだろうね。



で、極めつけは
こちら。


d0159198_1963871.jpg


!?   


わかります?



d0159198_1971169.jpg

人面樹。

苦悩する横顔?


なんだか、ただものじゃないね、この森。
と思ったわけです。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-27 19:07 |
安曇野で最後に向かったのが、穂高養生園。

d0159198_8281928.jpg




憧れ!、でした。


だって、素敵なんだもん。
リラーーックスしてきました。


おいしいのはもちろん、
見た瞬間に、まず目が満たされる美しい食事。
シンプルに、清められた空間。
音がほとんどない、静けさ。


d0159198_8283241.jpg



風のざわめき、木立の音、確かにある動物の存在、
人は自然の一部だと、
感じる場でした。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-25 08:26 |

ちひろ

安曇野では、真っ先にこちらに向かいました。
d0159198_198238.jpg

安曇野ちひろ美術館


かなり前に一度訪れて以来だったので、
とても楽しみにしていました。


まず、建物が素敵!
d0159198_199432.jpg

展示室までの廊下も、こんな形で開放的。

d0159198_1993132.jpg

中庭をのぞむ、椅子も華奢で曲線がやわらかくて、素敵。


d0159198_19101753.jpg

美術館のカフェも、ちゃんと子どもに合わせたサイズ。


d0159198_19105116.jpg

こんな長テーブルに
大人も子どもも、おじいちゃんもおばあちゃんも
みんなで座って、
わいわいおやつを食べたら楽しいよね。

d0159198_19115265.jpg

疲れたら、あったかい飲み物でも飲んで・・・


いわさきちひろの絵は
きっと
日本人の私たちは
ものごころがつくころには触れていると思う。

淡くて、やさしくて
消えてしまいそうなはかなげな色と
対照的な、凛とした子どもたちの視線。


こんな絵が小さい頃から触れられることに、
本当にありがたく思いました。


ってか、子どもほしい〜〜(←これ、本音)。

子どもと一緒に見れたらいいな、と思いました。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-21 19:17 |

隠れ家的絶景

軽井沢での同期会を終えて、
仲間の一人の住む、安曇野へ。



その人が愛して止まない、風景を見に行きました。
d0159198_2011240.jpg




ここでは、山に夕陽は沈みます。
美しい夕暮れでした。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-19 20:01 |

朝カフェ

信州の旅はこのカフェから。
d0159198_14311413.jpg


軽井沢にある、このカフェ。


細い道に面しているけど、
周りはうっそうとした森。


ひんやりした空気が気持ちよかった。
d0159198_14312665.jpg

もう少しすれば、きれいに色づくんでしょうね。

d0159198_14315232.jpg



冬の時期にまた行きたい。
厳しい季節に。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-18 14:33 |

同じ釜の飯

長野では
大学の同級生たちと
3年ぶりの同期会をしてきた。

みんな、それぞれの道で生きている。
家族を作った人も、
子育てに奔走している人も、
仕事に奮闘している人も、
みんな、学生時代と変わらず、素敵だった。

4年間のすんごく濃厚な時間を過ごした仲間は
ホントに私の宝です。


同じ釜の飯を食べた仲間。
同志っていうと固い感じだけど、それ以外に言葉が浮かばない。


また、何年後かに、会うのが楽しみです。

学生時代から変わらずフラフラと、実体のない私だけど、
感謝しています。

いつもありがとう。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-17 08:25 |

秋の信州旅

d0159198_20461267.jpg

先週末、長野の旅をしてきました。


お土産は
りんご、りんごジュース、おやき、マコモダケ、
もらいもののたくさんのお豆富。
それから、安曇野の山の中で、
せっせと穫ってきた栗。
d0159198_2046338.jpg



さっそく、栗ごはんを作りました〜。
d0159198_20465143.jpg

うまいっ。。。


栗の皮をむいてくれたスタッフのみんな、ありがと。


栗拾いは、
山猿との争いでした(笑)

d0159198_2047523.jpg

こんなヤツを横目に見つつ、せっせと。

勝手に“桃太郎”と名づけた、ボス猿。
なんだかんだで、いいヤツ。

小猿を率いて、一家の大ボスでした。


秋の味覚はたまらんね〜。
人も動物も、おいしいものには目がないね。
[PR]
by miyamiyak | 2011-10-16 20:47 |